“紋白蝶”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
もんしろ60.0%
もんしろちょう40.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
秋の晴湖面にあそぶ紋白蝶の影ひとつ見つつぽんぽん舟行く
夢殿 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
向日葵や葉裏にさがる紋白蝶の夜はばたかず宿りたりけり
白南風 (旧字旧仮名) / 北原白秋(著)
白はとうとう尻尾を巻き、黒塀の外へぬけ出しました。黒塀の外には春の日の光に銀のを浴びた紋白蝶が一羽、気楽そうにひらひら飛んでいます。
(新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
写生帳にはの梅花、水仙、学校の門、大越の桜などがあった。沈丁花の花はややみにできたが、葉の陰影にはいつも失敗した。それから緋縅蝶紋白蝶なども採集した。
田舎教師 (新字新仮名) / 田山花袋(著)