“緋縅蝶”の読み方と例文
読み方割合
ひおどしちょう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
写生帳にはの梅花、水仙、学校の門、大越の桜などがあった。沈丁花の花はややみにできたが、葉の陰影にはいつも失敗した。それから緋縅蝶紋白蝶なども採集した。
田舎教師 (新字新仮名) / 田山花袋(著)