“白猿:はくゑん” の例文
“白猿:はくゑん”を含む作品の著者(上位)作品数
饗庭篁村1
“白猿:はくゑん”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
五代目白猿はくゑん贔屓ひいきにされ、白猿はくゑん余光よくわう抱一はういつ不白ふはくなどのもとへも立入たちいるやうになり
隅田の春 (新字旧仮名) / 饗庭篁村(著)
(手紙と其書そのしよ移転ひつこしまぎれにさがしても知れぬは残念ざんねんにもかくにも一個いつこ豪傑がうけつ山師やましなにやらゑし隅田川すみだがは」と白猿はくゑん
隅田の春 (新字旧仮名) / 饗庭篁村(著)
PR