甲比丹カピタン)” の例文
に申しあげたところ、いたくお腹立ちになり、このたび参府の甲比丹には逢うまいと仰せられたげなに、洩れ聞いている。
ひどい煙 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
しかるにそれよりも二十何年の後、西暦一七七七年に来朝した和蘭甲比丹ツンベルグは、その江戸往来の旅行において次のような見聞をしている。
木綿以前の事 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
今度甲比丹ブルックの話をて千歳一遇の好機会と思い、晴れの軍服を光らして日本の軍艦咸臨丸を歓迎したのであると、甲比丹が話して居ました。
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
備前宰相伽羅を切ったのも、甲比丹「ぺれいら」の時計を奪ったのも、一夜に五つの土蔵を破ったのも、八人の参河侍を斬り倒したのも、——そのほか末代にも伝わるような
報恩記 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
かくあるも道理なれ、甲比丹クックは、太平洋を航して、幾多の群島を発見せり。仏蘭西安南に向い、その交渉のけり。露人は既に南下の勢に乗じて、樺太のを占略せり。
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
布哇寄港祝砲と共に目出度桑港を出帆して、今度は布哇寄港とまり、水夫は二、三人亜米利加から連れて来たけれども、甲比丹ブルックはらず、本当の日本人ばかりで
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
犬をいた甲比丹や、日傘をさしかけた黒ん坊の子供と、忘却の眠に沈んでいても、新たに水平へ現れた、我々の黒船石火矢の音は、必ず古めかしい君等の夢を破る時があるに違いない。
神神の微笑 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
阿媽港日記と云う本を書いた、大村あたりの通辞の名前も、甚内と云うのではなかったでしょうか? そのほか三条河原の喧嘩に、甲比丹「まるどなど」を救った虚無僧妙国寺門前に
報恩記 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)