“大村”の読み方と例文
読み方割合
おおむら100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
辰勝の嫡子重光は家を継いで、大田原政増、清勝に仕え、二男勝重は去って肥前大村家に仕え、三男辰盛奥州の津軽家に仕え、四男勝郷は兵学者となった。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
大村さんでいらっしゃいますわね? わたしは——御存知でございましょう?」
(新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
阿媽港日記と云う本を書いた、大村あたりの通辞の名前も、甚内と云うのではなかったでしょうか? そのほか三条河原の喧嘩に、甲比丹「まるどなど」を救った虚無僧妙国寺門前に
報恩記 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)