“甲比丹”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
カピタン46.2%
かぴたん30.8%
カピテン15.4%
かびたん7.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
に申しあげたところ、いたくお腹立ちになり、このたび参府の甲比丹には逢うまいと仰せられたげなに、洩れ聞いている。
ひどい煙 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
真ッ二つ! 孫兵衛の息と手が、さっと放たれようとした刹那甲比丹の三次やほかの者たちと、こっちの縁側にいた見返りお
鳴門秘帖:01 上方の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
其処甲比丹ブルックがて、大に歓迎しようではないかと相談を掛けると、華盛頓うた上でなければ出来ないと云う。
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
和漢三才図会によれば、南蛮紅毛甲比丹がまづ日本に舶載したるも、このシガレツトなりしものの如し。