“丹比間人宿禰”の読み方と例文
読み方割合
たじひのはしひとのすくね100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
また続日本紀大宝二年正月条には、正六位上丹比間人宿禰に従五位下を授くとあって、別に火明命の後裔と称する丹治比姓のもので、間人姓を称えたものであったと見える。
間人考 (新字新仮名) / 喜田貞吉(著)