“丹比”の読み方と例文
読み方割合
タヂヒ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
丹比氏の伝へや、其から出たらしい日本紀の反正天皇御産の記事は、一つの有力な種子である。履中天皇紀は、ある旧事を混同して書いてゐるらしい。
水の女 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
丹比氏の伝えや、それから出たらしい日本紀の反正天皇御産の記事は、一つの有力な種子である。履中天皇紀は、ある旧事を混同して書いているらしい。
水の女 (新字新仮名) / 折口信夫(著)
恐らく多遅比の名称は、若皇子を御養育した多遅比氏(丹比氏)の名称であつて、つまり、丹比氏が養育し奉つたから、若皇子の御名を多遅比と称へたのであらう。
貴種誕生と産湯の信仰と (新字旧仮名) / 折口信夫(著)