“かぴたん”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:カピタン
語句割合
甲比丹80.0%
加比丹20.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
さすれば鴻山も、その間に甲比丹の三次や荷抜屋の手下どもをさとして、阿波へ渡る秘密船を仕立てさせ、万事の手筈を調えておくであろう
鳴門秘帖:01 上方の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
古伊万里の茶碗にかれたる甲比丹、(蘭人を顧みつつ)どうしたね? 顔の色も大へん悪いやうだが——
長崎小品 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
「そのかわりにゃ、今に夜光の短刀を手にいれてよ、南蛮船加比丹に持ちこんでみねえ、すぐその日から何万両の長者様だ」
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)