“三条河原”の読み方と例文
読み方割合
さんじょうがわら100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
一人は将軍最初の上洛に先立って足利尊氏が木像の首を三条河原した示威の関係者、あの事件以来伊那に来て隠れている暮田正香である。
夜明け前:02 第一部下 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
阿媽港日記と云う本を書いた、大村あたりの通辞の名前も、甚内と云うのではなかったでしょうか? そのほか三条河原の喧嘩に、甲比丹「まるどなど」を救った虚無僧妙国寺門前に
報恩記 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
あの足利将軍らの木像の首を三条河原したという示威事件に関係して縛にいた先輩師岡正胤をはじめ、その他の平田同門の人たちはわずかに厳刑をまぬかれたというにとどまり
夜明け前:02 第一部下 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)