“寐姿”の読み方と例文
読み方割合
ねすがた100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
には可愛寐姿みゆ。の上には、「無情の君よ、我れを打捨て給ふか」と、殿の御声ありあり聞えて、外面には良人らん、更けたる月に霜さむし。
軒もる月 (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
ならず起出でめされたが、るものは、ならず息子どのゝ寐姿ぢゃ。
には可愛寐姿みゆ、には無情れを打捨ふかと、殿御聲あり/\えて、外面には良人らんけたるさむし、たとへば良人此處らせふとも
軒もる月 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)