“古社”の読み方と例文
読み方割合
ふるやしろ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
驚破といへば、さんず心もせ、はじめの一念く忘れて、にありといふ古社、其のを聞かうともせず、のあたりに車を廻すあからさまなの形も
二世の契 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
黒い板塀りを巡ってみると、十年もがいなかった甲賀宗家。この附近の墨屋敷の中では、最も宏壮な構えだが、広いだけに荒れ方も甚だしく、雑草離々として古社ででもあるようなだ。
鳴門秘帖:02 江戸の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
五月雨茅屋して、じと/\と沙汰するは、古社下闇に、な/\黒髮あり。呪詛ふ。かたの惡少年化鳥となりて、野茨れし岨道してつ。
婦人十一題 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)