“刻一刻”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
こくいっこく80.0%
こくいつこく20.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“刻一刻”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.5%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
かくて今や「自然主義」という言葉は、刻一刻こくいっこくに身体も顔も変ってきて、まったく一個のスフィンクスになっている。
出むかえの人がきの前列に立って左のほうをながめますと、明智探偵をのせた急行列車は、刻一刻こくいっこく、その形を大きくしながら、近づいてきます。
怪人二十面相 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
刻一刻こくいつこくちかづききた喜劇きげきむかつて、橄欖島かんらんたうぼしき島影しまかげ