“一刻者”の読み方と例文
読み方割合
いっこくもの100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
吉五郎は四十前後の屈強な男で、大したよい腕ではありませんが、一刻者らしさが、妙に人を煙たがらせます。
でも先方からあなた様に対して、愛想づかしをなされたのではなくて、一刻者のお師匠様が、邪魔をなされたのでございますから、訳はないはずでございますよ。
娘煙術師 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
一刻者のガラッ八は、すっかり腹を立てて、親分の平次にまで食ってかかりそうです。