“一徹者”の読み方と例文
読み方割合
いってつもの100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
丈八郎という男は、今時の、若いに似あわぬ一徹者だ。二人が、何と説いて聞かせても、金で身売りなどとは、剣士の恥。
無宿人国記 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
明快な勝負をつけねば決してこの場を去らずという憎々しい剛情を張っているが、一心斎もまたかぬ気の一徹者
親御の庄司右京様は、中風で身動きも覚束ないが、恐ろしく気が確かな上、弓町きっての一徹者だ。