“分隊”の読み方と例文
読み方割合
ぶんたい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
分隊兵士達はすべての意外さに呆氣られて、けたやうにつてゐた。
一兵卒と銃 (旧字旧仮名) / 南部修太郎(著)
坪井博士は、石田學士大野助手等に、集合さしてある赤鉢卷人夫三十餘名して、いよ/\山頂大發掘取掛り、分隊して、瓢箪山西面に、もれたる横穴
此人海軍兵學校生活中大食黨巨魁で、肺量五千二百、握力七十八、竿飛は一までんで、徒競走六百ヤードを八十六つたといふ、三在學中分隊漕手として