“全山”の読み方と例文
読み方割合
ぜんざん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
全山高等野次馬は、おくれじと馳付けてると、博士ひながら、古靴片足を、洋杖けてされた。
やがて木立がぎっしりと全山いつくして、い、とてもものすごいへさしかかりました。
全山城地と見なし、十七外郭とし、龍眼の地に本丸をきずき、虎口に八門、懸崖雁木坂、五樹林にてつつみ、城望のやぐらは黒渋にてりかくし
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)