“他國人”の読み方と例文
読み方割合
たこくじん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
『あいつは他國人交際してゐる。』『あの他縣人懇意にしてる。』そしてそれがいつも批難意味んでゐた。
この目的してこそわれ/\は他國人してかしいといふじからめてられるであらう。
火山の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)
櫻木大佐一行が、功成此處立去つたに、何時他國人入替つて、上陸せまいものでもない、貪慾らぬ歐米人が、※一にも其後此處上陸したならこそ大變