“他人眼”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
よそめ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“他人眼”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
他人眼よそめから見て相当の精進しょうじんと思われるべき私の生活が幾百日か続いた後、私は或る決心を以て神のふところに飛び入ったと実感のように空想した。
惜みなく愛は奪う (新字新仮名) / 有島武郎(著)
その人たちは他人眼よそめにはどうしても不幸な人たちと言わなければならない。
生まれいずる悩み (新字新仮名) / 有島武郎(著)