“一日々々”の読み方と例文
読み方割合
いちにち/\100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
其内は、一日々々つた。御米からはなり手紙がもう二た。も二ともたに宗助心配事いてなかつた。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
つたりいだりしてつてから二度目一日々々んでつた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
てば甘露といふけれどれなんぞは一日々々ばかりつてやがる、一昨日半次大喧嘩をやつて、おさんばかりはるやうなつたのではないと威張つたに
わかれ道 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)