“㷀然”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
けいぜん66.7%
ぽさり16.7%
ぽつさり16.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“㷀然”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
疲れてもやめえぬ戦いを持続しながら、㷀然けいぜんとしてひとりその間に老ゆるものは、見惨みじめと評するよりほかに評しようがない。
思い出す事など (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
……そのあとへ、人魂ひとだまが一つ離れたように、提灯の松の下、小按摩の妄念は、列の中へ加わらずに孤影㷀然けいぜんとして残っている。
怨霊借用 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
卯平うへいひとり㷀然ぽさりのこされた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
面倒めんだうにもつたり、たゞひとりのみで㷀然ぽつさりとしてるとなさけなくもなつたりするので
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
段々だん/\たがひめづらしくなくなつてからはかれあまそとへもないで㷀然ぽつさりとしてきな煙草たばこにのみ屈託くつたくした。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)