“ひきず”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
引摺84.3%
引擦7.3%
曳摺6.8%
曳擦0.5%
0.5%
牽摺0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
傾斜へ出かかるまでの自分、不意に自分を引摺り込んだ危険、そして今の自分。それはなにか均衡のとれない不自然な連鎖であった。
路上 (新字新仮名) / 梶井基次郎(著)
併し其辺には彼の意に適った思わしい隠場所も無かったので、命令かない二本の脚を、無理に引擦ってた歩き出した。
人間製造 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
黒斜子五所紋の上へ行儀霰上下を着け、病耄けて居る伊之助を、へ寄掛りをえて、それなりズル/\座敷へ曳摺り出しますと
彼奴が盗んでいったんですよ、ホラ御覧なさい」と一郎はの上をしながら「屍体を曳擦っていった跡が窓のところまでついていますよ。屍体を窓からりだして置いて、それから彼奴が窓を ...
恐怖の口笛 (新字新仮名) / 海野十三(著)
また同書に同じ話の異態なものを挙げて牝獅が牝牛を殺し栖へり往くと牛の乳呑児が母の乳を慕い追い来る、牝獅これをも殺そうとうたが我子の善い遊侶と思い直し乳養してながら育て上げ
カントの超絶哲学余姚良知説なりとども臍栗牽摺すのかに生臭坊主南無阿弥陀仏ばず。
為文学者経 (新字旧仮名) / 内田魯庵三文字屋金平(著)