“はなび”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
花火36.7%
煙火33.3%
煙花20.0%
烟火具3.3%
爆竹3.3%
華火3.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
『このからすはもうじき、川開かわびらきがくる、そのときげる花火はなびなかにいれるのだ。』
黒いちょうとお母さん (新字新仮名) / 小川未明(著)
しんたのむねからちあげられて、すこしくもったそら花火はなびがはじけたのは、はるすえちかいころのひるでした。
牛をつないだ椿の木 (新字新仮名) / 新美南吉(著)
「それは本気か」煙火はなびの為に真青に彩られた廣介の顔の、目ばかりが紫色にギラギラと輝いて、突き通す様に千代子を睨みつけました。
パノラマ島綺譚 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
黒漆の縁の森林からは、絶えず点々と火の光が、あるいは酸漿ほおずきのようにあるいは煙火はなびのように、木の間がくれに隠見して見えた。
あさひの鎧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
丁度ちやうどさうした頃から華美はでな大きい煙花はなびが少しの休みもなしに三ヶ所程からあがるやうになつたのである。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
九時半頃に、それはく小さい煙花はなびの一つがノオトル・ダムのお寺の上かと思ふ空にあがつた。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
脊には燃ゆる海綿をり、耳後には小き烟火具はなびを裝ひ、わきには拍車ある鐵板を懸けたり。
また各町内ごとに踊り輪をつくって、これがジャンジャンドンドン、夜も昼も音頭と囃子はやしで練りあるく。子供らは花火に狂い、わけて投げ爆竹はなびの音は絶えまもない。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
間もなく、山門のひさしは、ばらばらとくずれ、火塵かじんはまるで華火はなびのように噴きあげて、快川の影も、だんだん黒く変ってきたが、しかもなお曲彔きょくろくに懸ったまま倒れもせずに楼上にあるではないか。
新書太閤記:06 第六分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)