“じつこくたうげ”の漢字の書き方と例文
語句割合
十國峠100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ヒガネとむ、西風きが熱海名物なりとか。三島街道十國峠あり、今日氣候温暖三度湯氣いてづる壯觀御座候後便萬縷敬具
熱海の春 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
には出逢はなかつた。である。翌日しさうなをもれず十國峠へと單身宿た。宿がゝりでめたがかない、れてけとめても謝絶
湯ヶ原より (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)