“しがた”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
志方33.3%
為難33.3%
33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
320x100
志方しがたの城主櫛橋左京は、幸いにもそれがしの家の姻戚いんせき、これは必ずお味方へ引き入れます。ひとり三木城の別所長治ながはるは、頑としてくだりますまい。
黒田如水 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
可懐なつかしさと可恐おそろしさと可耻はづかしさとを取集めたる宮が胸の内は何にたとへんやうも無く、あはれ、人目だにあらずば抱付いだきつきても思ふままにさいなまれんをと、心のみはあこがれながら身を如何いかにとも為難しがたければ、せめてこの誠は通ぜよかしと、見る目に思をむるより外はあらず。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
そして宗鑑におこりをわずらわせ、それより近衛このえ公をして、宗鑑が姿を見れば餓鬼つばた、の佳謔かぎゃくを発せしめ、しがたって宗鑑に、飲まんとすれど夏の沢水、の妙句を附けさせ
蒲生氏郷 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)