“佳謔”の読み方と例文
読み方割合
かぎゃく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それより近衛公をして、宗鑑が姿を見れば餓鬼つばた、の佳謔を発せしめ、って宗鑑に、飲まんとすれど夏の沢水、の妙句を附けさせ、俳諧連歌の歴史の巻首を飾らせるに及んだ。
蒲生氏郷 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
彼は獄中において雑煮を喫しつつ、その少年の日、兄と護国山麓の旧家において、雑煮を健啖したる当時を想い出し、ためにかかる天真爛熳佳謔善笑の文字を寄せたるなからんや。
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)