“あいまい”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
曖昧96.6%
瞹眛1.5%
瞹昧0.8%
愛妹0.4%
暖昧0.4%
曖眛0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
彼女は身震いしてるらしかった——おそらく驚きのためだったろう? 彼女は口ごもりながら、そこにいたわけを曖昧に述べたてた。
で、そのに一つことにしてしまう。生活するのはましくい。社会には高尚なる興味い。社会瞹眛な、無意味生活している。
六号室 (新字新仮名) / アントン・チェーホフ(著)
め、おしたのです』と帽子屋瞹昧へました。
愛ちやんの夢物語 (旧字旧仮名) / ルイス・キャロル(著)
はしなくも半年ぶりに出会った愛妹菊路と、そうして菊路が折々見せつけるともなく見せつけた愛人京弥との、いかにも睦じすぎる可憐な恋に、いささか退屈男も当てつけられて
それが私に「どうして来なかったの?」と思い切って彼女に訊かさせた。と、たかちゃんはなぜか暖昧に「来ないって、お竜ちゃんと約束したんだもの」
幼年時代 (新字新仮名) / 堀辰雄(著)
では、まだ結婚なんどするりがなかつたものだから、『そんなつてくれてはる。自分はまだ』だとかだとかつて曖眛返事をした、さうだ。
ハガキ運動 (旧字旧仮名) / 堺利彦(著)