“あやふや”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
曖昧66.7%
危殆33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
今後の世界に於て行わるべき、正しい精神病の治療法というものは、そんな曖昧あやふやなもんじゃない。
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)
私は局量が狭いから、批評家等がたれも許しもせぬのに、作家よりも一段上座じょうざに坐り込んで、其処から曖昧あやふやな鑑識で軽率に人の苦心の作を評して、此方の鑑定に間違いはない、其通り思うて居れ
平凡 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
予今時のいわゆる人種改良とか善胎学とか唱うる目的は至って結構だが、その基礎とさるる材料が甚だ危殆あやふやなるに呆れ、年来潜心その蒐集を事とし、不毛一件ごときも一大問題としていかな瑣聞をも蔑せず。