“瞹昧”の読み方と例文
読み方割合
あいまい100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「へえ」勘次かんじ佛曉あけがたのことをどうしてか内儀かみさんがまだらぬらしいのでほつといきをついたがまた自分じぶんからぢて、簡單かんたん瞹昧あいまいういつた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
はじめ、おちやまをしたのです』と帽子屋ばうしや瞹昧あいまいこたへました。
愛ちやんの夢物語 (旧字旧仮名) / ルイス・キャロル(著)