“愛妹”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
あいまい50.0%
いもうと50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“愛妹”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
予期せぬ事からはしなくも呼び寄せて、はしなくも半年ぶりに出会った愛妹あいまい菊路きくじと、そうして菊路が折々見せつけるともなく見せつけた愛人京弥との、いかにも睦じすぎる可憐な恋に、いささか退屈男も当てつけられて、ついふらふらと里心がついたものか、知らぬうちにとうとうふわふわと江戸へ帰り着きました。
愛妹いもうとのえりくびから一疋、
蛍狩 (旧字旧仮名) / 萩原朔太郎(著)