“驅上”の読み方と例文
新字:駆上
読み方割合
かけあが100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
一處になつて走廻つてに、いつかがよくなつて、夕刻つたも、稻妻可憐なる少年れつゝ、はず二階まで驅上つて、武村兵曹追出された
つたぞ/\』と山頂大歡呼である。余等夢中つて、驅上つてると、たのはたが、古墳には無關係物で、石器時代遺物たる、石棒頭部緑泥片岩源平時代の五輪塔頭部
二階驅上つて、その一枚にした。
火の用心の事 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)