“踏:ふむ” の例文
“踏:ふむ”を含む作品の著者(上位)作品数
柴田宵曲1
“踏:ふむ”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
従ってこの集の中には「鋸屑おがくず移徙わたましの夜の蚊遣かな 正秀」とか、「ふむ人もなきや階子はしごの夏の月 臥高」とか、「上塗うわぬりも乾や床の夏羽織 探芝」とか、新築気分の横溢したものがいろいろある。
古句を観る (新字新仮名) / 柴田宵曲(著)