“西暦”の読み方と例文
読み方割合
せいれき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
これが西暦千八百八十三年大爆裂をなして、大半ばし、には八百十六米小火山島したのみである。
火山の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)
『ジャン・クリストフ』の作者ロマン・ローランは、西暦千八百六十六フランスにまれて、現在ではスウィスの山間んでいます。
ジャン・クリストフ (新字新仮名) / ロマン・ロラン(著)
或人いつた、所論は一理窟あるが實際的でない。歐文年紀すとき西暦ゐて神武紀元ゐないのは何故か、いはゆる自家撞着ではないかと。
誤まれる姓名の逆列 (旧字旧仮名) / 伊東忠太(著)