“相長屋”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
あひながや66.7%
あいながや33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
まざ/\と譫言く……つたりや、とひますと、らいでをする……今日晩方相長屋女房した。谷町湯屋うたげな。
三人の盲の話 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
させ申さんと云所へ相長屋の勘太郎立歸り路次の開しを幸ひに直と入るを見て家主勘兵衞は莞爾々々と笑ひかけ勘太郎殿何所へ行れしやなどと何の咎もなく機嫌能ながらに入るを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
平次はその足ですぐ壁隣の相長屋、後家の内職で細々と暮しているお角という大年増の家を覗きました。