“白桃”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
しろもも75.0%
しろもゝ25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“白桃”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
白桃しろももの花だと思います。)とふと心付いて何の気もなしにいうと、顔が合うた。
高野聖 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
いささ小川の水になりとも、どこぞで白桃しろももの花が流れるのをご覧になったら、私の体が谷川に沈んで、ちぎれちぎれになったことと思え、といってしおれながら、なお深切しんせつ
高野聖 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
白桃しろもゝはなだとおもひます。)と心着こゝろついてなんもなしにいふと、かほふた。
高野聖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
何処どこぞで白桃しろもゝはなながれるのを御覧ごらんになつたら、わたしからだ谷川たにがはしづんで
高野聖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)