“申者”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
もうすもの66.7%
まをすもの33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“申者”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 日本文学0.5%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
これも又似たることにていかなる境界きょうがいにありても平気にて、出来るだけの事は決して廃せず、一日は一日丈進み行くやう心掛くるときは、心もおだやかになり申者もうすものに候。
鴎外の思い出 (新字新仮名) / 小金井喜美子(著)
「質主と申者もうすもの御座候、武器、衣類、大小、道具等右質屋へ預り其値半減、或は三分の一の金高を貸渡、利分は高利にて請取候、武家にても極難儀にて金子才覚仕候ても、貸呉候者御座無候節は」
近藤勇と科学 (新字新仮名) / 直木三十五(著)
國許くにもとさふらふ恩田杢おんだもく申者まをすもの老職らうしよく末席ばつせきにて年少ねんせうなれど、きつと器量きりやうあるものにつき
十万石 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)