“太刀疵”の読み方と例文
読み方割合
たちきず100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
られけり然ば吾助白状はなすと雖も落着に致されざるは越前守殿吾助が面體太刀疵と云何樣べき惡漢と見られし故内心には今一應吟味致し舊惡有ば糺明有んと思は
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
然し其時の闘は如何にも突嗟に急激に敵が斫入ったので、氏郷自身までを取って戦うに至ったが、事済んで営に帰ってから身内をばあらためて見ると、胸板掛算太刀疵鎗疵が四ヶ処
蒲生氏郷 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
赤大名の城が落ちて、木曾殿打たれたまいぬ、との中で鳴きそうな、どくどくの、膝を払って蹴返した、太刀疵、鍵裂、弾疵、焼穴、のようにばらばらある、も、も、今の先刻
式部小路 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)