“太刀傷”の読み方と例文
読み方割合
たちきず100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
法月弦之丞にやられた太刀傷が致命にいたらなかったまでも、かなり深傷であったとみえて、いまだに左手を首に吊っているのが、いかにも暴勇な剣客らしく目立って、往来の者が必ず
鳴門秘帖:03 木曾の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
満身太刀傷にさいなまれたふたりの従僧、斬ッつ、いつ、小半町ほど鎖駕籠を追いかけたが、刀おれ力もつきて、とうとう馬場のはずれの若草の上で、たがいにと喉とをしちがえたまま
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
太刀傷です。仔細はあとでお聞きなさい」
牢獄の花嫁 (新字新仮名) / 吉川英治(著)