“問返”の読み方と例文
読み方割合
とひかへ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
致し候因て貴所には何れの御方にて候哉と問返され安五郎は又驚き扨々女子にはらしき者かな如何なる心願かは知らねども斯る深山らるゝ事じ入たり某しは信州へ秋葉越して參らんと思へども一人ゆゑてはなく斯る深山踏迷ひ漸々是まで參りし者なればず心を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)