“唐檜”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
とうひ81.8%
たうひ9.1%
フィヒテ4.5%
とうび4.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
中にも大江川に沿うたものが最も広く、次第に隆起して、エゾ松、唐檜などの侵入した焼山峠の南に続く高原に移り行くのである。
そこは小さな円い緑の草原で、まっ黒なかやの木や唐檜に囲まれ、その木の脚もとには野ばらが一杯に茂って、丁度草原にへりを取ったやうになってゐます。
よく利く薬とえらい薬 (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)
麓は落葉松や唐檜の、空をしのぐ密林となって、その枝ごしに、または梢の上に、ピッツ・アルブリス Piz Albris, 3166m. や、ベルニナの裾に
スウィス日記 (新字新仮名) / 辻村伊助(著)
「樅、栂、檜、唐檜黒檜、……、……、」
みなかみ紀行 (新字新仮名) / 若山牧水(著)