“取卸”の読み方と例文
読み方割合
とりおろ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
能登守はと南条の面を見つめた後に、言葉がはずみました。それと共に構えていた鉄砲を取卸して
大菩薩峠:13 如法闇夜の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
し己はにぞ下りけり跡には寶澤一人熟々思ひらせばの二品をかば用ゆる時節はこれと心の中に點頭つゝ懷中紙を口にへ毒藥の取卸し彼中なる二品を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
こはる日八重わが書斎にりける折書棚の草双紙絵本取卸して見せける豊国が絵本『時勢粧』に「それ」とことわり書したる女の前髪切りて黄楊横櫛さしたる姿のなる
矢はずぐさ (新字旧仮名) / 永井荷風(著)