“二腰”の読み方と例文
読み方割合
ふたこし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
見合良人服装でございますか——服装はたしか狩衣穿いて、おまりの大小二腰、そしてには中啓ってりました……。
致す可しと云時又此方の並木より一人は小紋紬の小袖一人は小紋木綿布子股引脚絆甲斐々々敷出立にて二腰を横たへたるが兩人等くれ出如何に吾助今はれんとなし早々みの
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
塾生裸体当時は士族の世の中だから皆大小はして居る、けれども内塾生五、六十人の中で、私は元来物を質入れしたことがないから、双刀はチャントて居るその、塾中に二腰腰もあったが
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)