“ドア”のいろいろな漢字の書き方と例文
ひらがな:どあ
語句割合
93.2%
1.4%
戸口1.1%
車扉1.1%
1.1%
扉口0.6%
側扉0.3%
0.3%
横扉0.3%
脇扉0.3%
釜戸0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
に背を向けているのは若い院長の健策で、いた診察服の前をはだけて、質素な黒羅紗のチョッキと、ズボンを露わしている。
復讐 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
の外に向って呼ぶ)おいおい、居間の鏡を寄越せ。(闥開く。侍女六、七、二人、赤地の錦のを掛けたる大なる姿見を捧げ出づ。)
海神別荘 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
刑事達は、困って、肩を擦り合わして戸口に立ち停まっている。魔誤まごし乍ら、三人とも、右手から左手へ、それから逆に、続け様に帽子を持直して許りいるのだ。
双面獣 (新字新仮名) / 牧逸馬(著)
そのあいだ忠実な19は車扉のそばに直立して帽子をっていた。
踊る地平線:09 Mrs.7 and Mr.23 (新字新仮名) / 谷譲次(著)
機が飛行場驀出して、すぐそばのアパアトメントの中層とすれすれに飛び、あけはなした窓をとおして一家庭の寝台、絨毯、机、そのうえの本、ちょうどを押して這入ってきた女
踊る地平線:04 虹を渡る日 (新字新仮名) / 谷譲次(著)
理平は、扉口に立った騎手の島崎と、夫人と姪とに気がついて
かんかん虫は唄う (新字新仮名) / 吉川英治(著)
サト子が動かないと見てとると、向うの車は、すうっとこちらの歩道へ寄ってきて、側扉をあけた、山岸芳夫だった。
あなたも私も (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
瓦斯きし入口の押しあけて
東京景物詩及其他 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
幅の広い横扉が開け放しになっていて、二台の自動車が見える。成程一つは、黒塗りの Dodge の箱型だ。
双面獣 (新字新仮名) / 牧逸馬(著)
サト子が不機嫌な顔で立っていると、中村は笑いながら脇扉をあけた。
あなたも私も (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
狂気のように為吉はから降りて音のした釜戸の前に立った。外部からは把手一つで訳なく開けることが出来た。
上海された男 (新字新仮名) / 牧逸馬(著)