“ドア”のいろいろな漢字の書き方と例文
ひらがな:どあ
語句割合
93.0%
1.2%
戸口1.2%
車扉1.2%
1.2%
扉口0.6%
側扉0.3%
0.3%
横扉0.3%
脇扉0.3%
(他:1)0.4%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「開け、ごまの実」と廊下を飛ぶようにやって来て、博士のドアの前に立った白い実験衣の小柄の青年学者が大きな声で叫んだ。
国際殺人団の崩壊 (新字新仮名) / 海野十三(著)
ドアのノッブにすがったままガタガタとふるえ出していることが、そのしまのズボンを伝わる膝のわななきでわかった。
一足お先に (新字新仮名) / 夢野久作(著)
やがて上の方で書斎のドアがどたんと閉まる声がして、後は静になった。
行人 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
あらかた出来あがったところで、大工の手を離れた店の飾窓や、入口のドアに張るべき硝子ガラスを、お島が小野田に言われて、根津に家を持ったときから顔を知られている或硝子屋へ懸けあいに行ったのは、それから間もなくであった。
あらくれ (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
禹徳淳 (呆然と佇立していたが、気がついたように戸口ドアへよろめいて立ち塞がる)それは何のことだ。
一風変った人種の出入によって、しっきりなしに不気味に揺れている一つの戸口ドアを発見してぎょっと——その最も不用意な瞬間に——することであろう。
そして、彼女は、敷いていたアストラカンから、徐々に起立した。と同時に、手が伸びて、車扉ドアの横にスイッチを探した。
踊る地平線:10 長靴の春 (新字新仮名) / 谷譲次(著)
車掌は、勝手にと言うように、帽子へ手をやって、廊下へ退いた。車扉ドアが流れて、音とともに外部を遮断した。
踊る地平線:10 長靴の春 (新字新仮名) / 谷譲次(著)
折から、ドアを押して入った一人、足の勇は肩に手を置いて、眼は高城、園、某、某、と一座に会釈えしゃくして居ります。
女記者の役割 (新字新仮名) / 野村胡堂(著)
満枝は彼のおもてしたたか怨視うらみみまたたきず、その時人声してドアしづかきぬ。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
顔色は土のようにあお褪め、恐怖に見開らかれたその眼は、焼きつくように表の扉口ドアへ注がれている。
動かぬ鯨群 (新字新仮名) / 大阪圭吉(著)
シャンデリアに曇っていたいっぱいな煙草の煙が、そこからはいる夜の風に、美しくかき乱れた。理平は、扉口ドアに立った騎手の島崎と、夫人と姪とに気がついて、
かんかん虫は唄う (新字新仮名) / 吉川英治(著)
サト子が動かないと見てとると、向うの車は、すうっとこちらの歩道へ寄ってきて、側扉ドアをあけた、山岸芳夫だった。
あなたも私も (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
瓦斯ガスきし入口のドア押しあけて
東京景物詩及其他 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
幅の広い横扉ドアが開け放しになっていて、二台の自動車が見える。
双面獣 (新字新仮名) / 牧逸馬(著)
中村という人物は嫌いではないが、こういう筋合いの人間に待伏せされるのはうれしくない。サト子が不機嫌な顔で立っていると、中村は笑いながら脇扉ドアをあけた。
あなたも私も (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
狂気きちがいのように為吉はボイラから降りて音のした釜戸ドアの前に立った。外部からは把手ハンドル一つで訳なく開けることが出来た。
上海された男 (新字新仮名) / 牧逸馬(著)