“まくらもと”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
枕頭39.1%
枕許35.8%
枕元19.5%
枕辺2.6%
枕下1.3%
枕邊1.0%
頭元0.3%
頭面0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
夜具は申すまでもなく、絹布の上、枕頭火桶湯沸を掛けて、茶盆をそれへ、煙草盆に火を生ける、手当が行届くのでありまする。
湯女の魂 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
そつと頭を動かして妻を見ると、次の子供の枕許にしよんぼりとあちら向きになつて、頭の毛を乱してうつ向いたまゝ坐つてゐた。
An Incident (新字旧仮名) / 有島武郎(著)
と云いながら布団を頭からっていたが、だんだん暴れ方が激しくなるので、しまいに首をむっくりげて枕元の電燈の鎖を引いた。
細雪:02 中巻 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
ふと目が覚めると、消すのを忘れて眠つた枕辺の手ランプの影に、何処から入つて来たか、蟋蟀が二、可憐な羽を顫はして啼いてゐる。
天鵞絨 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
重い枕下へ金三郎様をお呼び寄せの上、実はこれこれの次第と箪笥抽斗深くってあった新太郎少将様の御守脇差を取出させて、渡されて、しかし決して名乗り出ては相成ならぬ。
備前天一坊 (新字新仮名) / 江見水蔭(著)
良因 夜になるときり/″\すが枕邊でも鳴いてをります。
能因法師 (旧字旧仮名) / 岡本綺堂(著)
爾して余は婆や犬やに対するには却って権柄を示すが宜いと思い、殆ど主人風を吹かせて甚蔵の頭元へ座を占めたが、甚蔵は家に帰り着いた安心の為好く眠り込んだ
幽霊塔 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
は命辛々迯了せけれども、目覚むると頭面は一面の火なるに仰天し、二声三声奥を呼捨にして走りでければ、たちは如何になりけん、知らずと言ふ。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)