“ふしょう”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:フショウ
語句割合
不肖62.1%
不祥14.7%
負傷8.4%
不承5.3%
不詳3.2%
府生2.1%
父称2.1%
鳧鐘2.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
不肖じゃございますが、この近江屋平吉も、小間物屋こそいたしておりますが、読本にかけちゃひとかどのつもりでございます。
戯作三昧 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
何という不祥な出来ごとだろう。帝都の運命が累卵の危きにあるのに、その生命線を握る警備司令部に、この醜い争闘が起るとは。
空襲葬送曲 (新字新仮名) / 海野十三(著)
戦場で負傷したきずに手当てをする余裕がなくてっちゃらかしておくと、化膿してそれに繁殖する。その蛆がきれいにをなめつくしてきずがえる。
蛆の効用 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
それもあったし、また、さいぜんから眺めていたところでは、二た桶の焼酎にも、怪しまれる点はなかった。で、不承不承な面色だったが
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
年代は不詳だが往古は荒巻大明神といい、讃甘郷の総鎮守として、そのお宮もすぐ裏山の大段という上にあった。で、宮ノと称した所から、宮本と転訛したものと思われる。
随筆 宮本武蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
集まる人々には河内の躬恆、紀の貫之、右衛門の府生壬生忠岑、小野小町、大伴黒主はじめこの道にかけては一騎当千の名家ばかり——その中で、いよいよ小町の歌が披露されると
謡曲と画題 (新字新仮名) / 上村松園(著)
フョードル・クジミッチ・チェーチェニコフ——これがソログーブの本名である。フョードルは、クジミッチは父称といって、父親特定語尾をつけて、自分併用するものである。
身体検査 (新字新仮名) / フョードル・ソログープ(著)
たとえば美作の苫田郡一宮村大字西田辺香々美村との境なる有木乢には、鐘鋳場という処あって、万福寺の鳧鐘を鋳ると伝え(作陽志)、遠州見付の只来坂は『見付往来』に鐘鋳坂とあり
地名の研究 (新字新仮名) / 柳田国男(著)