“はばかり”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
便所48.9%
22.2%
20.0%
後架4.4%
忌憚2.2%
雪隱2.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
私が前へ便所へ往くようにして出て往って、彼処三叉路の処で待っておる、お前も後から便所へ行くと云って出て来て、三叉路の処へお出で
白い花赤い茎 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
ちらちら色のが交って、咲いていますが、それにさえ、貴方法衣の袖のるのは、と身体をすぼめて来ましたが、今も移香がして、多い。
草迷宮 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
祖母はその間にへゆくふりをして、すっかり家中を見てきた。外に見張が一人いるのが蔵の二階の窓から月の光りで見えた。
……大方その同伴は、列車の何処かに知合とでも話しているか、後架にでも行ってるのであろうが、まだ、出て来ません。
甲乙 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
実のの母御でさえ、一旦この世を去られし上は——幻にも姿を見せ、を呑ませたく添寝もしたい——我が最惜む心さえ、天上では恋となる、その忌憚で、御遠慮遊ばす。
草迷宮 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
雪隱に入つてゐる時間にて誰も見る人なければ身心共に初めて自由を得たる如く心落付き候、これらも樂しみといはゞ樂しみなるべきか、殘る一つは日毎に電車にて往復する時間に候、男らしき顏
一日中の楽しき時刻 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)