“はゞかり”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
63.6%
便所18.2%
9.1%
雲隠9.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
が勝手に尊皇愛国を狭く解釈して濫りに不敬呼ばはりするは恐れ多くも皇室の稜威を減ずるある次第だ。
犬物語 (新字旧仮名) / 内田魯庵(著)
さアねんねという一段に相成り海上はころりと転がりましたが、花里はなか/\容易には寐ません。枕元で煙草の二三服ものみました上、つッと立って今度は自分が便所にまいる。
板垣氏はその湯沸を台所におかないで、所もあらうにに置いてゐるのだ。