“とうぶ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
頭部57.9%
東部15.8%
湯武10.5%
東武5.3%
搭舞5.3%
蹈舞5.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
丸味をおびて凸凹した頭部とおぼしきものと、両肩に相当する部分があり、それから下はだらりとして長くをひいていた。
霊魂第十号の秘密 (新字新仮名) / 海野十三(著)
十九雨中を、つてて、いた。までの貝塚發掘臺地東部上部左側であつたが、臺地南側下部菱沼鐵五郎宅地を、大發掘してある。
支那に於てもその通り、革命は正義なりというて、三千年前に支那の聖人達は革命というものを是認したのである。湯武の暴伐、支那の議論は大分手厳しい。民の意を失えば、これを君主と言わぬ。
平和事業の将来 (新字新仮名) / 大隈重信(著)
朝またまた時雨す。思ひがけなく東武其角来る。(中略)すぐに病床にまゐりて、皮骨連立したまひたる体を見まゐらせて、且愁ひ、且悦ぶ。
芭蕉雑記 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
「はくらん病が買ひ候はん」も手厳しいには違ひない。が、「東武の会に盆を釈教とせず、嵐雪是を難ず。翁曰、盆を釈教とせば正月は神祇なるかとなり。」
芭蕉雑記 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
肩技、背技、膝技から、尖飛搭舞ノ法などと呼ぶ五体十部の基本の上に、八十八法の細かい型があって、飛燕花車龍鬂搏浪呑吐星、などさまざまな秘術もある。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
男女だかれあって蹈舞するなんどは。あまりみともいいことでもない。それに少男少女のいまだ婚姻しないものなら。婚姻の手段の一端にて。
藪の鶯 (新字新仮名) / 三宅花圃(著)