“つるべ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
釣瓶92.5%
2.1%
吊籠1.4%
吊瓶1.4%
弔瓶0.7%
0.7%
釣桶0.7%
釣籠0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
釣瓶は外してありますが、覗くと山の手の高台の井戸らしく、石を畳み上げて水肌から五六間、と虎耳草が一パイえております。
一とくみ上げて、一杯キユーツと呑んだ平次
「月光のなかの吊籠といふんだよ。諸々の力が昇り降りして黄金の吊籠を……」
心象風景(続篇) (新字旧仮名) / 牧野信一(著)
(6)旧約伝道の書第十二章第六—七節、「る時には銀の紐は解け金の盞は砕け吊瓶は泉の側に轆轤れん、してく土に帰り霊魂はこれをけし神にかえるべし」
庭の井戸の石畳にいつもの赤い蟹のいるのを見て、井戸を上からくと、蟹は皆隠れてしまう。の附いた弔瓶に短い竿を附けたのがり込んである。弔瓶と石畳との間をしげに水馬が走っている。
(新字新仮名) / 森鴎外(著)
汲んだ時、瓶にるものがあつたんで、氣が付いたんですつて。小僧の定吉ですよ。尤もその時家の中では、坊ちやんが見えなくなつて大騷動だつたから、定吉も若しやと思つたんでせう
ツルベ(これは岩穴でクマが釣桶のように上からはいってゆくようなもの)
東奥異聞 (新字新仮名) / 佐々木喜善(著)
滑車に綱を垂らし、綱に木製の箱を結び、これを釣籠仕掛で、部屋の中から人力で捲きあげるエレベーターである。
吊籠と月光と (新字新仮名) / 牧野信一(著)