“ことり”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
小鳥68.9%
小禽29.4%
子鳥0.6%
子取0.6%
小雀0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
すると、そのたびに、一の白い小鳥がその木の上にとんできては、灰かぶりがほしいというものを、なんでもおとしてくれました。
何たる優雅な贅沢! マターファの父は、「小鳥の王」といわれた位、小禽の声を愛していたそうだが、其の血が彼にも伝わっているのだ。
光と風と夢 (新字新仮名) / 中島敦(著)
また、来年るころになると、太吉じいさんは、しいかがしをりました。去年子鳥たちはもう親鳥となって、じように、その子供たちにかって
からすとかがし (新字新仮名) / 小川未明(著)
子鳥たちは、たびたび、いいきかされたのでよくっていました。
からすとかがし (新字新仮名) / 小川未明(著)
文字には夜道怪と書いて子取の名人のごとく伝えられるが、じつはただの人間の少し下品な者で、中世高野聖の名をもって諸国を修行した法師すなわちである。
山の人生 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
以前の樫の森から東側へかけて、夕方まで探していたが、最早日が暮れかかってもそれらしい影は愚か、小雀一羽眼に這入らぬから、皆落胆して疲れ切ってしまって
白髪小僧 (新字新仮名) / 夢野久作杉山萠円(著)